>

取引銘柄の紹介(工業品)2

通貨としての側面を併せ持つ「金」、デイトレーダーからも人気が高い「ガソリン」など、商品先物取引には色々な銘柄があります。ここではその銘柄を紹介していきます。商品先物取引を始める場合に詩文のトレード戦略や、スタイルを踏まえたうえで参考にしてもらえるとうれしいです。

 

原油

日本での原油の先物銘柄である「東京原油」の価格は、直接的には「中東産原油価格」(「ドバイ原油」と「オマーン原油」のスポット価格)に影響を強く受けています。さらにオマーン原油もドバイ原油の影響を受けていますので、実質的にはエネルギー関連情報の主要な配信社であり、1世紀以上に渡ってビジネス情報を配信しているプラッツ社が発表するドバイ原油価格(スポット価格)が重要となります。ただし、これまで「中東産原油」が取引所に上場されていなかったこともあり、「中東産原油」の取引は、主に「NY原油」先物価格を参考にした動きとなります。このため、「東京原油」価格を予想するためには、世界的に注目され幅広い参加者により取引される「NY原油」価格の行方を予想することがもっとも重要ということになります。また、日本は原油の供給を全面的に輸入に依存しているため、為替レートの変動にも注意が必要です。

 

また、米国産原油である「NY原油」と、「東京原油」の価格基準となる「中東産原油」とでは、取引通貨・単位が異なるだけでなく、品質(「ガソリン」や「灯油」など、それぞれの石油製品が分離される割合)や生産高も異なる商品となります。また、「連産品」としての特質もあり、各石油製品の個別原価は算定が非常に困難であるといえます。参考となる「石油製品採算(石油製品全体の総合原価)」には、他の国際商品の「理論価格」とは異なる意味合いがあると考えるべきです。なお、「石油製品採算」の計算式では【ドバイ原油価格は常に一定の比率でNY原油より割安】という仮定をしているようです。


Warning: include_once(/home/jzijjoj6/public_html/inc/randlink.php) [function.include-once]: failed to open stream: No such file or directory in /home/jzijjoj6/public_html/sakimono_meigarak2.html on line 53

Warning: include_once() [function.include]: Failed opening '/home/jzijjoj6/public_html/inc/randlink.php' for inclusion (include_path='.:/usr/lib/php:/usr/local/lib/php') in /home/jzijjoj6/public_html/sakimono_meigarak2.html on line 53

ガソリン

「ガソリン」価格にとっての最大の変動要因は、やはり原料である「原油」の価格になります。従って、「東京ガソリン」の価格も、原料となる「中東産原油」の価格、ひいては「中東産原油」価格に影響を及ぼす「NY原油」先物価格に似た動きになるものと考えられるのです。その他にも日本では「原油」は、100%輸入に依存しているため、「東京ガソリン」価格は為替レートの変動にもかなりの影響を受けます。このように、「NY原油」と「東京ガソリン」の価格は、為替の動きを介して密接な関係にあるといえます。ただ、「原油」が輸入され、「ガソリン」など石油製品への精製を経て国内で販売されるまでには1〜2ヵ月かかることや、「ガソリン」の需要が季節によって大きく変動することなどにも注意しましょう。

 

「ガソリン」が上場されている先物市場は、NYマーカンタイル取引所、東京工業品取引所、中部大阪商品取引所となります。その中でもNY市場は、オイルメジャー、産油国の石油会社、商社、石油元売会社、ファンド、一般投資家など幅広い参加者が価格決定に参加していて、最も透明性の高い市場との異名を持ちます。ただし、日本の「ガソリン」と米国の「ガソリン」は、その規格が異なりますので注意しましょう。その他にも、シンガポールでは石油製品の需要家らが現物取引を行っています。現在、東京工業品取引所に中部大阪商品取引所を加えた出来高シェアでは、日本の「ガソリン」が世界最大の先物市場となっています。

 

FX

FXは上記の物とは違い、外国通貨の売買で利益を得る方法です。最近はFX投資を行う人が増えました。FXランキングのサイトも多く目にしますおね。
FXランキングはFX業者を選ぶ際にチェックしたい情報が多数掲載されています。ランキングを見て数社比較をし業者を選ぶ人が多いと思います。


最終更新日:2016/4/20